English version is here.

先端電気システム論講座
(Laboratory of Advanced Electrical Systems Theory)

photo-2017-1.jpg

京都大学大学院 電気工学専攻 先端電気システム論講座のサイトです.非線形力学の基礎から工学的応用に関する研究,電力変換をベースにしたシステム設計・制御の研究を進めています.既存分野で忘れらた対象,境界領域にある対象に対して,物理の根本原理に立ち戻り,まったく新しい工学システム機能の創出に挑んでいます.

この数年,学部電気電子工学科の担当講義(パワエレ・電力関係)の関係で,講義に関係する分野のテーマを希望する人が多くなっています.しかしながら,それは一つの応用を示しているに過ぎません.PI としては,基礎数理から物理・工学の研究を希望する方を強く求めて来ました.常識に果敢に挑む意欲の有る方が参加されることを期待します.回路は,物理の一つの表現ですが,全てを表しているわけではありません.ミクロな現象をマクロに表現する,マクロな理解をミクロ,複雑系に適用するといったスケールを横断した理解,あるいは他の分野で理解されていることをアナロジーとして適用することによる理解,そして「非常識」と言われる考えを,物理として実現する面白さを共有して頂ければ嬉しいです.そこには答えはありません.一つの答えを作るのは貴方かもしれません.「何故?」「如何に?」ということを突き詰めていきませんか? 研究室は今,「アナリシス」ではなく「シンセシス」を議論する方向付けをしています.単なる応用ではなく,新しい機能を創ることを,第一に研究をしています.

これらか進めたい研究課題のいくつかを示します:フレキシブルネットワーク,ダイナミックセンシング,シンメトリーコントロール,非線形ネットワークのエッジコントロール,データベースド・インストラクションシステム,パワープロセッシング

進学・留学を希望する方へ:我々の研究室は既存の電力システムに関する研究は行っていません.従いまして,この関係の研究を希望する方は他の研究室,大学を希望して下さい.我々は,非線形力学の工学的応用,パワープロセッシング,ネットワークに関する研究が現在の主な研究課題です.また現在,研究室は PI の研究計画と方針に従い,新たな研究生・正規留学生の受け入れは行っていません.希望に関するメールには回答しませんので,ご了解下さい.京都大学への留学希望は正規の窓口を通じて行うことになっており,従来行われてきた個別のコンタクトは認めておりません.

コンテンツ (Contents)

photo-view2018-2.jpg

訪問者 (Visitors) since Nov. 19, 2009
総計: 250574 (Today):15


添付ファイル: filephoto-2017-1.jpg 179件 [詳細] filephoto-view2017-1.jpg 1845件 [詳細] filephoto-view2018-2.jpg 1339件 [詳細]

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-12-29 (火) 16:09:55 (107d)