ResearchGroup

  1. 木村 真之, 引原 隆士, 固定境界をもつ結合片持ち梁における不安定な空間局在モードの移動に関する数値的検討, 電子情報通信学会 非線形問題研究会, NLP2006-8, pp.37-42, 熊本大学工学部, 2006年5月11日.
  2. 木村 真之, 引原 隆士, 固定境界をもつ結合片持ち梁における不安定な空間局在モードの不変多様体と移動に関する一考察, 電子情報通信学会 非線形問題研究会, NLP2006-31, pp.53-58, 金沢大学, 2006年7月3日.
  3. Y. Susuki and T. Hikihara, Predicting voltage instability of power system based on hybrid system reachability analysis, 電子情報通信学会 非線形問題研究会, NLP2006-36, pp.13-18, 金沢大学大学院 自然科学研究科, 2006年7月4日.
  4. 舟木 剛, 澤田高志, 引原隆士, 逆回復特性と空乏層蓄積電荷を考慮したパワー・ダイオードモデルについての一検討, 電子情報通信学会 回路とシステム研究会 非線形問題研究会,CAS2006-23/NLP2006-46, CAS2006-23/NLP2006-46, pp.13-28, 大阪府立大学,2006年10月4日.
  5. 松崎 俊太郎, 舟木 剛, 引原 隆士, 高耐圧SiC-JFETの交流特性測定 -高電圧バイアスおよびゲート電圧印加を可能とする測定回路-, 電子情報通信学会 回路とシステム研究会 非線形問題研究会,CAS2006-24/NLP2006-47, pp.19-24, 大阪府立大学,2006年10月4日.
  6. 中川 公人,舟木 剛,引原 隆士,TCR-SVCにおける非線形現象とHill方程式の解の不安定領域との関係,電子情報通信学会 回路とシステム研究会 非線形問題研究会,CAS2006-36/NLP2006-59, pp.13-18, 大阪府立大学,2006年10月5日.
  7. 中川 公人,舟木 剛,引原 隆士,TCR-SVCにおける分数調波の発生メカニズムに関する一検討,電子情報通信学会 非線形問題研究会,NLP2006-85, pp.45-50, 岡山県立大学,2006年11月14日.
  8. 村上 勇蔵,引原 隆士,並列接続したチュックコンバータの受動性に基づく制御,電子情報通信学会 非線形問題研究会,NLP2006-86, pp.51-55, 岡山県立大学,2006年11月14日.
  9. Y. Susuki, Y. Yokoi, and T. Hikihara, Energy-based analysis of frequency entrainment described by van der Pol and PLL equations, 電子情報通信学会 非線形問題研究会, NLP2006-100, pp.57-62, 北海道湯の川温泉 KKRはこだて, 2006年12月13日.
  10. 冨田 達也,山末 耕平,引原 隆士,圧電薄膜カンチレバーのパラメータ制御に関する一検討 -弾性およびQ値の制御-,NLP2006-118,高松サンポートホール,2007年1月17日.
  11. 舟木 剛, 西尾 彬, 引原 隆士, SiC-SBDのパッケージ内部における熱伝導に関する一検討, 電子情報通信学会 回路とシステム研究会, CAS2006-98, pp.29-33, ブランナール三朝, 2007年3月6日.

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-10-22 (火) 16:53:11 (2487d)