研究活動

教員のプロジェクト別に掲載します.

書籍

学術論文誌

(引原教授関係プロジェクト)

  • Edmon Perkins, Masayuki Kimura, Takashi Hikihara, and Balakumar Balachandran, E ects of Noise on Symmetric Intrinsic Localized Modes, Nonlinear Dynamics, Nonlinear Dynamics Vol.85, Issue 1, pp.333-341 (2016). doi:10.1007/s11071-016-2688-2
  • Yanzi Zhou, Ryo Takahashi, and Takashi Hikihara, Power packet dispatching with features on safety TI . Nonlinear Theory and Its Applications, IEICE, 7(2), 250–265 (2016).
  • Yanzi Zhou, Ryo Takahashi, Naoaki Fujii, and Takashi Hikihara, Power Packet Dispatching with Second-Order Clock Synchronization, International Journal of Circuit Theory and Applications,Int. J. Circ. Theor. Appl. 2016; 44:729–743, DOI: 10.1002/cta.2103 (online(DOI)) (2015.6.9).
  • Madoka Kubota, Ryo Takahashi, and Takashi Hikihara, Active and Reactive Power in Stochastic Resonance for Energy Harvesting. IEICE Transactions 98-A(7): 1537-1539 (2015). KURENAI
  • Kohei Nagaoka, Kentaro Chikamatsu, Atsushi Yamaguchi, Ken Nakahara, and Takashi Hikihara, High-speed gate drive circuit for SiC MOSFET by GaN HEMT, IEICE Electronics Express Vol. 12, No. 11 pp. 20150285 (2015).Jstage
  • Alexandros Kordonis , Ryo Takahashi, Daichi Nishihara, and Takashi Hikihara, Three-Phase Power Router and its Operation with Matrix Converter toward Smart-Grid Applications, Energies, 8, 3034-3046 (2015); energies.

(薄講師関係プロジェクト)

  • Fredric Raak, Yoshihiko Susuki, and Takashi HIkihara, Data-driven partitioning of power networks via Koopman mode analysis, IEEE Transactions on Power Systems (accepted).
  • 山口佳彦,薄良彦,引原隆士,複数家庭で構成される電力システムの蓄電池を用いた出力平滑化制御,システム制御情報学会論文誌,Vol.28, No.7 (2015) 299-309.

(その他プロジェクト)

国際会議

(引原教授関係プロジェクト)

  • Yohei Nakamura, Michihiro Shintani, Takashi Sato, and Takashi Hikihara, A High Power Curve Tracer for Characterizing Full Operational Range of SiC Power Transistors, ICMTS, Yokohama, March 30 (2016).
  • Tatsuya Yanagi, Hirotaka Otake, Ken Nakahara and Takashi Hikihara, Self-Sustained Oscillation in Half Bridge Circuit of Silicon Carbide Devices with Inductive Load, 2015 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications (NOLTA2015), Kowloon, Hong Kong, China, December 4 (2015).
  • Masayuki Kimura and Takashi Hikihara, Destabilization of intrinsic localized modes in magnetically coupled cantilever array by parametric excitation, 2015 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications (NOLTA2015), Kowloon, Hong Kong, China, December 4 (2015).
  • Atsushi YAO and Takashi HIKIHARA, Reprogrammable Logic-Memory Operation in a Nonlinear MEMS Resonator, 2015 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications (NOLTA2015), Kowloon, Hong Kong, China, December 3 (2015).
  • Shiu Mochiyama, Naoaki Fujii, Ryo Takahashi and Takashi Hikihara, "A Study on Trajectory Control of Manipulator Using Power Packet Dispatching", The 37th IEEE PELS International Telecommunications Energy Conference (INTELEC 2015), Osaka, Japan, Oct. 18–22, 2015.

(薄講師関係プロジェクト)

  • F. Raak, Y. Susuki, R. Morita, T. Wada, K. Tsuboki, M. Kato, H. Uyeda, Y. Fujisaki, and T. Hikihara, Simulation study of a wind farm incorporated with highly-resolved wind prediction data around Japan, 第37回風力エネルギー利用シンポジウム, pp.173-176, 科学技術館 (2015.11.27).
  • H. Hoshino, Y.Susuki, A Dynamical Analysis of Steam Supply Network Based on Invariant Manifold, PP1, 2015 SIAM Conference on Applications of Dynamical Systems, Snowbird, Uta, USA (2015.5.17-21). (Non reviewed)

(その他プロジェクト)

国内学会発表

(引原教授関係プロジェクト)

  • 持山 志宇, 藤居 直章, 高橋 亮, 引原 隆士, 電力パケットにより駆動される複数モータを配したマニピュレータの軌道制御に関する数値的検討, システム制御情報学会 研究発表講演会, 制御応用 (1) 314-1, 大阪 (2015.5.22)
  • 佐段田 裕平, 引原 隆士, 並列接続されたDC/DCコンバータへの受動性に基づく制御の適用に関する数値的検討, システム制御情報学会 研究発表講演会, 制御応用 (1) 314-2, 大阪 (2015.5.22).
  • 中村洋平,引原隆士, パワートランジスタの飽和領域を測定するための大電力I-Vカーブトレーサの検討, 平成27年関西支部連合大会,摂南大学 G4-1 (2015.11.14).
  • 西原大智,高橋亮,引原隆士, 三相交流電力ルータの構成とその回線切換え方法について, 平成27年関西支部連合大会,摂南大学 G4-2 (2015.11.14).
  • 小野愛実,引原隆士, GaN HEMTを用いたフライバックコンバータの高周波駆動時の挙動に関する一検討, 平成27年関西支部連合大会,摂南大学 G4-3 (2015.11.14).
  • 縄田信哉, 高橋亮, 引原隆士, 電力パケットによる電源側への電力の割り当てに関する一考察,電子情報通信学会総合大会,NBS-1-4 (2016.3.16).
  • 吉田直充,縄田信哉,高橋亮,引原隆士,電力パケットの伝送におけるルータ駆動のためのエネルギーハーベスティングに関する一検討,電子情報通信学会総合大会, A-1-27 (2016.3.18).
  • 持山志宇,高橋亮,引原隆士,電力パケットの供給密度変調を用いたステッピングモータ駆動に関する実験的検討,電子情報通信学会総合大会, A-1-28 (2016.3.18).
  • 萬成遥子,李明華,引原隆士,レドックスフロー電池の電解液供給に起因する電流挙動に対する検討,電子情報通信学会総合大会,A-1-29 (2016.3.18).
  • 佐段田裕平,引原隆士,DC/DCコンバータの小型· 並列化のための高周波スイッチング手法に関する検討,電子情報通信学会総合大会, A-1-30 (2016.3.18).

(薄講師関係プロジェクト)

  • 河野洋平, 薄良彦, 林田光紀, 引原隆士, 熱環境モデリングに向けたビル内アトリウムにおける温度分布データの解析, 第49回空気調和・冷凍連合講演会, 温熱・環境 33, 東京海洋大学, 2015年4月17日.
  • Fredrik Raak, Yoshihiko Susuki, Ryosuke Morita, Takayuki Wada, Kazuhisa Tsuboki, Hiroshi Uyeda, Yasumasa Fujisaki, Takashi Hikihara, Dynamic Simulation of a Wind Turbine Incorporated with Highly-Resolved Wind Prediction Data, システム制御情報学会 研究発表講演会, 次世代エネルギー管理に向けたシステム/制御/情報, 126-3, 大阪 (2015.5.20).
  • 星野 光, 薄 良彦, 引原 隆士, 複数ボイラ間の蒸気流れに対する集中定数モデルの妥当性に関する検討, 日本機械学会 2015年度年次大会, G0800303, 北海道大学 (2015.9.15).
  • 齋藤 司, 薄 良彦, 引原 隆士, 家庭内電力システムの出力平準化のためのモードスイッチング制御の実機実験, 自動制御連合講演会, 神戸大学 (2015.11.14).
  • 河野 洋平, 薄 良彦, 林田 光紀, 引原 隆士, ビル内アトリウムにおける有効熱拡散特性のクープマンモード分解を用いた検討, 自動制御連合講演会, 神戸大学 (2015.11.14).
  • H. Hoshino, Y. Susuki, T.J. Koo, and T. Hikihara, Analysis of non-minimum phase property of a two-site electricity and heat supply system, 自動制御連合講演会, 神戸大学 (2015.11.15).
  • 薄 良彦, 非線形クープマンモード分解の電力・エネルギーシステム工学への適用, 計測自動制御学会 システム・情報部門 学術講演会, エネルギー管理におけるシステム・情報・制御, SS12-6, 函館アリーナ (2015.11.21).
  • F. Raak, Y. Susuki, R. Morita, T. Wada, K. Tsuboki, M. Kato, H. Uyeda, Y. Fujisaki, and T. Hikihara, Simulation study of a wind farm incorporated with highly-resolved wind prediction data around Japan, 第37回風力エネルギー利用シンポジウム, pp.173-176, 科学技術館 (2015.11.27).
  • 佐孝 恭一, 薄 良彦, 引原 隆士, クープマン作用素に基づく電力系統の電圧ダイナミクスに関する解析, 計測自動制御学会関西支部・システム制御情報学会 若手研究発表会, 大阪大学 (2016.1.8).
  • 薄 良彦, 太田 豊, 連系線潮流データのクープマンモード分解: ベクトルプローニ解析の適用, 電気学会 全国大会, 東北大学, 2015年3月 (申込済).
  • F. Raak, Y. Susuki, K. Tsuboki, M. Kato, and T. Hikihara, Quantifying smoothing effects of wind power via Koopman modes, 電気学会 全国大会, 東北大学, 2015年3月 (申込済).

国内研究会発表

(引原教授関係プロジェクト)

  • 西原大智,高橋 亮,引原隆士, 三相交流電力ルータの回線切換えに関する実験的検討, 電気学会電子デバイス/半導体電力変換研究会,EDD-15-081/SPC-15-163, 長崎 (2015.10.29) .
  • 中村洋平,引原隆士, パワートランジスタの大電力領域における静特性・動特性の測定及び考察, 電気学会電子デバイス/半導体電力変換研究会,EDD-15-084/SPC-15-166, 長崎 (2015.10.29) .
  • 新谷 道広, 中村 洋平, 廣本 正之, 引原 隆士, 佐藤 高史, SiCパワーMOSFETにおける帰還容量の測定とモデル化, 電気学会研究会資料, SPC-15-201, HCA-15-070, VT-15-041, pp.41-46, アオーレ長岡 ( 2015.12.17-18).

(薄 講師関係プロジェクト)

招待講演

(引原教授関連)

  • 引原隆士,パケット化とルーティングによるパワープロセッシング,電子情報通信学会,信学技報CCS2015-57 (2015.11.10).
  • 引原隆士,電力のパケット化とルーティング:ハード実現とその数理,電子情報通信学会,第28回情報伝送と信号処理ワークショップ, 層雲峡 (2015.11.11).

(薄講師関連)

学会報告・解説など

  • 引原隆士,非線形を手なづけて,電子情報通信学会会誌,98巻,11号, pp.1007-1011 (2015.11.1)

その他

  • 引原隆士,オープンサイエンスに向けて ー 研究者および図書館の立場から ー,RA協議会第1回年次大会,U-1 公的研究助成とオープンサイエンス,信州大学,長野 (2015.9.1).
  • 引原隆士,オープンサイエンスに向けた京都大学のオープンアクセス方針,オープンサイエンスデータ推進ワークショップ,京都大学 (2015.9.17).
  • 引原隆士,京都大学のオープンアクセス政策,HORIZON2020によるオープンアクセス政策と オープンサイエンスの国際的課題―学術研究における日欧の共通課題と大学図書館の役割―,神戸大学 (2015.10.14).

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-11-09 (水) 14:49:10 (315d)