研究活動

出版

  • T. Hikihara and K. Yamasue, Transient dynamics of Duffing system under time delayed feedback control: Global phase structure and application to engineering, in Handbook of Chaos Control, Chap.36, completely revised and enlarged eds. (2007, Wiley-VCH), Eds. by E. Schoel and H. G. Schuster. [http:Wiley]

学術論文誌

  • Y. Susuki, Y. Yokoi, and T. Hikihara, Energy-based analysis of frequency entrainment described by van der Pol and phase-locked loop equations, CHAOS: An Interdisciplinary Journal of Nonlinear Science, Vol. 17, No. 023108, June (2007). [pdf:AIP]
  • T. Funaki, J. C. Balda, J. Junghans, A. S. Kashyap, H. A. Mantooth, F. Barlow, T. Kimoto, and T. Hikihara, Power conversion with SiC devices at Extremely high ambient temperatures, IEEE Trans. on Power Electronics, Vol. 22, No. 4, 1321-1329 (2007). [pdf:IEEE]
  • T. Funaki, T. Kimoto, and T. Hikihara, Evaluation of capacitance-voltage characteristics for high voltage SiC-JFET, IEICE Electronics Express (ELEX), Vol. 4 No. 16, pp. 517-523, August (2007). [pdf:IEEJ]
  • Y. Susuki and Y. Ueda, Amplitude response curves of frequency-locked rotations, IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences, Vol. E90-A, No. 10, pp. 2250-2252, October (2007). [pdf:IEICE]
  • T. Hikihara, T. Sawada, and T. Funaki, Enhanced Entrainment of Synchronous Inverters for Distributed Power Sources, IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences, Vol. E90-A, No. 11, pp. 2516-2525, November (2007). [pdf:IEICE]
  • M. Sato, S. Yasui, M. Kimura, T. Hikihara and A.J. Sievers, Management of localized energy in discrete nonlinear transmission lines, EPL, 80 (2007) 30002. [pdf:EPL]
  • Y. Susuki, T. Hikihara, and H. -D. Chiang, Discontinuous dynamics of electric power system with dc transmission: A study on DAE system, IEEE Transactions on Circuits and Systems-I: Regular Papers, Vol. 55, No. 2, pp. 697-707, March (2008). [pdf: KU,IEEE]

国際会議

  • M. -H. Li, T. Funaki, and T. Hikihara, A Study of Output Terminal Voltage Modeling for Redox Flow Battery Based on Charge and Discharge Experiments, The Fourth Power Conversion Conference, Nagoya, Japan, April 2-5 (2007)
  • A. Medury, J. Carr, J. Balda, H. A. Mantooth, and T. Funaki, Three-Level ZVZCS and ZVS Half-Bridge Converters: a Comparative Evaluation, Power Conversion Conference, Nagoya, Japan, April 2-5 (2007)
  • *T. Hikihara, Control of nonlinear dynamics in nanosystem - from sensing to actuation -, Conference on Coupled Nonlinear Oscillators and Applications in Nanosystems, CNOAN, Santa Barbara, CA, USA, May, 25 (2007).
  • M. Kimura and T. Hikihara, Transition of Intrinsic Localized Modes in Coupled Cantilever Array Depending on Phase Structure, 2007 SIAM Conference on Applications of Dynamical Systems, Snowbird, Utah, USA, May 28-June 1 (2007).
  • *T. Hikihara, Wave's Travel by Instability of Mode in Coupled Pendulums, 2007 SIAM Conference on Applications of Dynamical Systems, Snowbird, Utah, USA, May 28-June 1 (2007).
  • *Y. Susuki, I. Mezic, and T. Hikihara, Global Instabilities of Power Grid Coupled Pendula-like Models, 2007 SIAM Conference on Applications of Dynamical Systems, Snowbird, Utah, USA, May 28-June 1 (2007).
  • Y. Susuki and T. Hikihara, Predicting voltage instability of power system via hybrid system reachability analysis, American Control Conference 2007, Marriott Marquis Hotel at Times Square, New York, USA, July 11-13 (2007).
  • M. -H. Li and T.Hikihara, A Fundamental Study of Redox Flow Battery based on Chemical Reaction Dynamics, NDES07-Tokushima, July 23-26 (2007).
  • *T. Hikihara, Dynamics of single atoms and molecules manipulated at material surface, 2007 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications, pp. 180-183, Vancouver, Canada, September 16-19 (2007).
  • *B. -S. Kim, T. Hikihara, and V. Putkaradze, Numerical study of atom interchange on material surface under periodic force, 2007 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications, pp. 184-187, Vancouver, Canada, September 16-19 (2007).
  • Y. Yokoi, Y. Susuki, and T. Hikihara, A dissipated power-based analysis of frequency entrainment described by van der Pol and PLL equations, 2007 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications, pp. 317-320, Vancouver, Canada, September 16-19 (2007).
  • M. Kimura and T. Hikihara, A numerical study on invariant manifold related to transition of intrinsic localized mode in coupled cantilever array, 2007 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications, pp. 477-480, Vancouver, Canada, September 16-19 (2007).
  • *T.Hikihara, Dynamics in manipulation and actuation of nano-particles, International Conference on Applications in Nonlinear Dynamics (ICAND2007), Kauai, Hawaii, USA, September 24-27 (2007).
  • T. Tomita, K. Yamasue, and T. Hikihara, Parametric excitation of piezoelectric cantilevers based on elasticity control, 9th International Conference on Atomically Controlled Surfaces, Interfaces and Nanostructures, Komaba Research Campus of The University of Tokyo, Tokyo, Japan, November 11-15 (2007).

(* invited)

国内研究会発表

  • 李 明華,引原 隆士,レドックスフロー電池の化学反応に基づく動的モデルによるシミュレーション, 電子情報通信学会 非線形問題研究会, NLP2007-8, 軽井沢, 2007年4月25日.
  • Y. Susuki, Y. Takatsuji, and T. Hikihara, A hybrid model of cascading transient dynamics in multi-area power network, 電子情報通信学会 非線形問題研究会, NLP2007-37, 静岡大学, 2007年8月6日.
  • Y. Yokoi, Y. Susuki, and T. Hikihara, An energy-based study of mutual entrainment in vibro-exciters on oscillatory base, 電子情報通信学会 非線形問題研究会, NLP2007-38, 静岡大学, 2007年8月6日.
  • 小室正之,引原隆士,電圧型インバータの受動性に基づく制御の有効性に関する一検討,電気学会産業応用部門大会1-73, 2007年8月22日.
  • 澤田 高志, 舟木 剛, 引原 隆士, 少数キャリア蓄積を考慮したSiCパワー・ダイオードの逆回復現象のモデリングに関する検討, 電気学会 電子デバイス/半導体電力変換回路研究会, ECD-07-72/SPC-07-98, 三重大学, 2007年10月25日.
  • Nathabhat Phankong, Tsuyoshi Funaki, and Takashi Hikihara, A Discussion on the High Level Excess Carrier Lifetime Effect of IGBT Model, 電気学会 電子デバイス/半導体電力変換回路研究会, ECD-07-73/SPC-07-99, 三重大学, 2007年10月25日.
  • 李 明華, 引原隆士, レドックスフロー電池の反応速度論モデルに基づく充放電時のセル間相互作用に関する検討, 電子情報通信学会 電子通信エネルギー技術研究会, EE2007-37, 機械振興会館, 2007年11月19日.
  • 小室 正之, 引原 隆士, コンバータ・インバータシステムの受動性に基づく制御に関する検討, 電子情報通信学会 電子通信エネルギー技術研究会, EE2007-38, 機械振興会館, 2007年11月19日 .
  • 山本 晃弘, 木村 真之, 引原 隆士, 永久磁石の浮上制御による磁性体の間接支持とそのモデルの検討, 電気学会 リニアドライブ研究会, LD-08-6, 電気学会本部, 2008年1月31日.

国内学会発表

  • K. Yamasue and T. Hikihara, Annihilation of periodic orbits and global dynamics in time-delayed feedback control of chaos, システム制御情報学会 研究発表講演会, 5W1-2, 京都テルサ, 2007年5月16日.
  • 薄 良彦, 高辻 悠, 引原 隆士, 電力ネットワークの構成変化を伴う過渡ダイナミクスのハイブリッドモデル, システム制御情報学会 研究発表講演会, 4W3-1, 京都テルサ, 2007年5月16日.
  • 李 明華, 引原 隆士, レドックスフロー電池の動的モデルに関する一検討, システム制御情報学会 研究発表講演会, 5W4-4, 京都テルサ, 2007年5月16日.
  • 山末 耕平,小林 圭,山田 啓文,松重 和美,引原 隆士,磁場励振を用いたカンチレバーの励振スペクトルにおけるスプリアス応答の抑制---時間遅れフィードバック制御のDFMへの適用に向けた実験的検討---, 2007年秋季 第68回応用物理学会学術講演会,北海道工業大学,Sep. 4-8 (2007).
  • Y. Yokoi, Y. Susuki, and T. Hikihara, Response curves for dissipated power in frequency entrainment: A study on van der Pol and PLL equations, 電子情報通信学会 ソサイエティ大会, 非線形問題 A-2-9, 鳥取大学, 2006年9月13日.
  • 山本 晃弘, 木村 真之, 引原 隆士, 永久磁石の浮上制御による磁性体間接支持の実験的検討, 制御・システム G3-9, 平成19年電気関係学会関西支部連合大会, 神戸大学, 2007年11月17日.
  • 引原 隆士,宅野 嗣大, 電力変換回路近傍に配置したグランドの放射電磁界強度分布への影響について, 電気機器・産業応用/パワーエレクトロニクス G4-11, 平成19年電気関係学会関西支部連合大会, 神戸大学, 2007年11月17日.
  • 李 明華,引原 隆士, レドックスフロー電池の化学反応論モデルに基づく周波数応答特性, 電力・エネルギー G5-4, 平成19年電気関係学会関西支部連合大会, 神戸大学, 2007年11月17日.
  • Y. Susuki, I. Mezic, and T. Hikihara, Global instability in the multi-degree-of-freedom swing equations, 計測自動制御学会 制御部門大会, [OS]非線形ダイナミクスと制御の新展開(2), 京都大学吉田キャンパス, 2008年3月7日.
  • Y. Susuki, I. Mezic, and T. Hikihara, Collective swing instability in multimachine power system, 電気学会 全国大会, 安定度(I) 6-013, 福岡工業大学, 2008年3月19日.
  • 齋藤 啓子, 実験科目を通じた電気・電子工学教育について, 電気学会 全国大会, 教育・研究 1-004, 福岡工業大学, 2008年3月19日.
  • 山本 晃弘, 木村 真之, 引原 隆士, 電磁石による永久磁石支持系の平衡点の分岐と制御ゲインに関する一検討, 電子情報通信学会 総合大会, 非線形問題 A-2-3, 北九州市立大学, 2008年3月19日.
  • 薄 良彦, 南 政孝, 引原 隆士, 交直連系系統を対象とする微分代数方程式の共存解に関する一検討, 電子情報通信学会 総合大会, 非線形問題 A-2-6, 北九州市立大学, 2008年3月19日.
  • 横井 裕一, 薄 良彦, 引原 隆士, 周波数引き込み現象に対する位相差方程式とエネルギー授受 -PLL方程式に関する検討-, 電子情報通信学会 総合大会, 非線形問題 A-2-10, 北九州市立大学, 2008年3月19日.
  • Masayuki Kimura, Takashi Hikihara, A Numerical Study on Traveling Intrinsic Localized Mode in Coupled Cantilever Array with an Impurity, 電子情報通信学会 総合大会, 非線形問題 A-2-26, 北九州市立大学, 2008年3月19日.
  • Nathabhat Phankong, Tsuyoshi Funaki, and Takashi Hikihara, Evaluation of Base Region in IGBT Based on Capacitance-Voltage Characteristics, 電子情報通信学会 総合大会, 電子デバイス C-10-7, 九州工業大学, 2008年3月20日.
  • Yoshihiko Susuki, Igor Mezic, and Takashi Hikihara, A mechanism of global swing instability in power network, 電子情報通信学会 総合大会, ネットワークダイナミクスの理論と応用 AS-3-4, 北九州市立大学, 2008年3月20日.

招待講演

  • 引原 隆士, MEMSによるナノ粒子のマニピュレーションとアクチュエーション,SICE 北陸支部講演会,金沢大学, 2007年10月29日.

学会報告・解説

  • 薄 良彦, 2006 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications (NOLTA2006) に参加して, システム/制御/情報, Vol. 51, No. 4, p. 191, April 2007.
  • 薄 良彦, アイ・サイ問答教室「電力系統とハイブリッドシステム: 何がハイブリッド?」, システム/制御/情報, Vol. 51, No. 5, pp. 240-241, May 2007. [pdf:KU]
  • 薄 良彦, 引原 隆士, 電力ネットワークのハイブリッドダイナミクス: モデル, 解析, 制御, システム/制御/情報,Vol. 51, No. 11, pp. 487-492, November 2007. [pdf:KU]

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-10-22 (火) 16:53:12 (1309d)