研究活動

学術論文誌

  • Hongmei Li, Takashi Hikihara. Sustained oscillation of an inverter-fed induction motor drive system and its stabilization. KIEE Journal of Electrical Engineering & Technology, 2006(1): 80~84.
  • K. Yamasue and T. Hikihara, Control of microcantilevers in dynamic force microscopy using time delayed feedback, Rev. Sci. Instrum. 77(5), 053703 (2006). pdf
  • T. Funaki, S. Matsuzaki, T. Kimoto, and T. Hikihara, Characterization of punch-through phenomenon in SiC-SBD by capacitance-voltage measurement at high reverse bias voltage, IEICE Electron. Express, 3(16), 379-384 (2006). pdf

国際会議

  • T. Funaki, A. Kashyap, A. Mantooth, J. C. Balda, F. Barlow, T. Kimoto, and T. Hikihara, Characterization of SiC JFET for temperature dependent device modeling, IEEE 37th Annual Power Electronics Specialists Conference, Jeju, Korea, June 18-22, pp.2634-2639 (WeG4-1) (2006).
  • Y. Susuki, H. Ebina, and T. Hikihara, Predicting transient instability of power systems based on hybrid system reachability analysis, IFAC Symposium on Power Plants and Power Systems Control 2006, Kananaskis, Canada, June 25-28 (2006).
  • Y. Susuki, T. Hikihara, and H. -D. Chiang, A study on discontinuous dynamics of electric power system with dc transmission, 17th Symposium on Mathematical Theory of Networks and Systems, Kyoto, Japan, July 24-28 (2006).
  • Y. Susuki and Y. Ueda, Amplitude response curves of frequency-locked rotations, 2006 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications, Bologna, Italy, September 11-14 (2006).
  • *Y. Susuki, T. Hikihara, and H. Ebina, Predicting instability of power systems based on hybrid system reachability analysis, 2006 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications, Bologna, Italy, September 11-14, pp.83-86 (2006).
  • *K. Yamasue and T. Hikihara, Suppression of subharmonics and chaos in tapping mode atomic force microscopy using time delayed feedback control, 2006 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications, Bologna, Italy, September 11-14, pp.927-930 (2006).
  • Hongmei Li, Takashi Hikihara, Fusheng wang. Determining the period of limit cycle in an inverter-fed induction motor drive system. The 2006 International Conference on Electrical Machine and Systems, Nagasaki, Japan, November 20-23 (2006).
  • T. Funaki, T. Kimoto, T. Hikihara, M. Matsushita, and M. Sasagawa, A study on SiC devices in synchronous rectification of dc-dc converter, IEEE 22th Annual Applied Power Electronics Conference And Exposition, Anaheim, California, Feb 25-Mar 1, T8.3 (2007).

(* invited talk)

国内研究会発表

  • 木村 真之, 引原 隆士, 固定境界をもつ結合片持ち梁における不安定な空間局在モードの移動に関する数値的検討, 電子情報通信学会 非線形問題研究会, NLP2006-8, pp.37-42, 熊本大学工学部, 2006年5月11日.
  • 木村 真之, 引原 隆士, 固定境界をもつ結合片持ち梁における不安定な空間局在モードの不変多様体と移動に関する一考察, 電子情報通信学会 非線形問題研究会, NLP2006-31, pp.53-58, 金沢大学, 2006年7月3日.
  • Y. Susuki and T. Hikihara, Predicting voltage instability of power system based on hybrid system reachability analysis, 電子情報通信学会 非線形問題研究会, NLP2006-36, pp.13-18, 金沢大学大学院 自然科学研究科, 2006年7月4日.
  • 舟木 剛, 澤田高志, 引原隆士, 逆回復特性と空乏層蓄積電荷を考慮したパワー・ダイオードモデルについての一検討, 電子情報通信学会 回路とシステム研究会 非線形問題研究会,CAS2006-23/NLP2006-46, CAS2006-23/NLP2006-46, pp.13-28, 大阪府立大学,2006年10月4日.
  • 松崎 俊太郎, 舟木 剛, 引原 隆士, 高耐圧SiC-JFETの交流特性測定 -高電圧バイアスおよびゲート電圧印加を可能とする測定回路-, 電子情報通信学会 回路とシステム研究会 非線形問題研究会,CAS2006-24/NLP2006-47, pp.19-24, 大阪府立大学,2006年10月4日.
  • 中川 公人,舟木 剛,引原 隆士,TCR-SVCにおける非線形現象とHill方程式の解の不安定領域との関係,電子情報通信学会 回路とシステム研究会 非線形問題研究会,CAS2006-36/NLP2006-59, pp.13-18, 大阪府立大学,2006年10月5日.
  • 中川 公人,舟木 剛,引原 隆士,TCR-SVCにおける分数調波の発生メカニズムに関する一検討,電子情報通信学会 非線形問題研究会,NLP2006-85, pp.45-50, 岡山県立大学,2006年11月14日.
  • 村上 勇蔵,引原 隆士,並列接続したチュックコンバータの受動性に基づく制御,電子情報通信学会 非線形問題研究会,NLP2006-86, pp.51-55, 岡山県立大学,2006年11月14日.
  • Y. Susuki, Y. Yokoi, and T. Hikihara, Energy-based analysis of frequency entrainment described by van der Pol and PLL equations, 電子情報通信学会 非線形問題研究会, NLP2006-100, pp.57-62, 北海道湯の川温泉 KKRはこだて, 2006年12月13日.
  • 冨田 達也,山末 耕平,引原 隆士,圧電薄膜カンチレバーのパラメータ制御に関する一検討 -弾性およびQ値の制御-,NLP2006-118,高松サンポートホール,2007年1月17日.
  • 舟木 剛, 西尾 彬, 引原 隆士, SiC-SBDのパッケージ内部における熱伝導に関する一検討, 電子情報通信学会 回路とシステム研究会, CAS2006-98, pp.29-33, ブランナール三朝, 2007年3月6日.

国内学会発表

  • 薄 良彦, 高木 志穂, 引原 隆士, 電力ネットワークにおける動揺伝搬現象の数値的検討, システム制御情報学会 研究発表講演会, 京都テルサ, 2005年5月10日.
  • 李 明華, 舟木 剛, 引原 隆士, レドックスフロー電池の充放電実験に基づく出力端子電圧モデル化に関する検討, 電気学会 産業応用部門大会, 電力品質・エネルギー, 1-121, 名古屋工業大学, 2006年8月23日.
  • 崎山 卓也, 植村 卓司, 越智 孝志, 薄 良彦, 引原 隆士, 可到達集合に基づく過渡安定性評価手法に関する検討 -1回線事故時における事故復旧方法の評価-, 電気学会 電力・エネルギー部門大会, 安定度 琉球大学, 2006年9月15日.
  • Y. Susuki, Y. Yokoi, and T. Hikihara, A study on response curves of phase-locked system via energy balance relation, 電子情報通信学会 ソサイエティ大会, 金沢大学, 2006年9月21日.
  • 村上 勇蔵,引原 隆士,並列接続したチュックコンバータの受動性を考慮したデューティ比制御と過渡応答,電気関係学会関西支部連合大会,大阪工業大学,2006年11月26日.
  • 中川 公人,舟木 剛,引原 隆士,TCR-SVCシステムにおける非線形現象とMathieu方程式の解の不安定領域との関係,電気関係学会関西支部連合大会,大阪工業大学,2006年11月26日.
  • Takashi HIKIHARA and Takumi IKENOUE, Spectral decomposition of phase space related to chatic sea in Duffing system, 電子情報通信学会 総合大会, 非線形問題 A-2-40, 名城大学, 2007年3月23日.
  • 田口義晃,小笠正道,秦 広,飯島宏康,大津山澄明,舟木 剛, インバータ入力直列蓄電装置のシンプルな構成方法, 電気学会 交通・電気鉄道研究会, TER-06-74, pp.27-32, 工学院大学, 2006年9月8日.
  • 田口義晃,小笠正道,秦広,飯島宏康,大津山澄明,舟木 剛, インバータ入力直列蓄電装置の動作と効果, 第13回 鉄道技術連合シンポジウム J-Rail2006, 3409, 川崎市産業振興会館, 2006年12月15日.
  • K. Yamasue and T. Hikihara,Prototyping of cantilever controller for tapping-mode atomic force microscopy: verification experiment toward implementation of the time-delayed feedback control,2007年春季 第54回応用物理学関係連合講演会,30p-SL-1,青山学院大学 相模原キャンパス,March 30 (2007).

招待講演

  • 引原 隆士, スイッチング系のダイナミクスとハイブリッド性, 電子情報通信学会 回路とシステム 軽井沢ワークショップ, pp. 337-342, 軽井沢プリンスホテル, 2006年4月24-25日.
  • T. Hikihara, Modeling of SiC Power Devices and Circuit Applications, COE International Symposium on Advanced Photonic and Electronic Devices and Electric Power Networks, Kyoto University, Kyoto, Japan, Oct. 23-24 (2006).
  • T.Funaki and T.Hikihara, Characterization and Modeling of SiC Devices for Circuit Application, COE International Workshop on SiC Power Devices and Circuit, Kyoto University, Kyoto, Japan, Oct. 25 (2006).

解説記事・紀要

  • 舟木 剛, デジタル信号処理を適用した電力系統シミュレータの動向, 高速信号処理応用技術学会誌, Vol. 9, No.1, pp. 18-23 (2006).
  • 舟木 剛,舟橋俊久,植田喜延, 電力変換に用いるPLL, 明電時報, Vol. 309, No. 2006-4, pp. 56-61 (2006)
  • T. Funaki, High power electronics in Japan: Backgrounds and applications, IEEE Power Electronics Society NEWSLETTER, Vol. 18, No. 4, pp. 13-15 (2006).

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-10-22 (火) 16:53:12 (1375d)