研究活動

学術論文誌

  • Y. Susuki and T. Hikihara, Transient dynamics in electric power system with dc transmission: Fractal growth in stability boundary, IEE Proceedings - Circuits, Devices and Systems, vol. 152, no. 2, pp. 159-164, April (2005). pdf
  • K. Asano, T. Funaki, Y. Sugawara, and T. Hikihara, Simple circuit model of SiC pin diode composed by using experimental electrical characteristics, IEICE Electronics Express, vol. 2, no. 13 pp. 392-398 (2005). pdf
  • H. Li and T. Hikihara, Limit cycle of induction motor drive and its control, IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Comuter Science, vol. E88-A, no. 10 pp. 2521-2526 (2005). pdf
  • K. Yamasue and T. Hikihara, Persistence of chaos in a time-delayed-feedback controlled Duffing system, Phys. Rev. E 73, 036209 (2006). pdf

国際会議

  • T. Funaki, T. Kimoto, T. Hikihara, A. S. Kashyap, P. Ramavarapu, S. Mounce, J.C. Balda, and H. A. Mantooth, Characterization of Cascode SiC JFET / Si MOSFET Devices, International Power Electronics Conference (IPEC-Niigata 2005), Niigata, Japan, April 4-8 (2005).
  • Y. Susuki, Y. Takama, T. Funaki, and T. Hikihara, Evaluating performance of hybrid-type power system simulator based on transient stability analysis: A dynamical system approach, Proceedings of the 2005 IEEE International Symposium on Circuits and Systems, pp. 3894-3897, International Conference Center Kobe, Japan, May 23-26 (2005).
  • T. Funaki, T. Hikihara, T. Kimoto, J. Balda, J. Junghans, A. Kashyap, F. Barlow, and A. Mantooth, Power Conversion with SiC Devices at Extremely High Ambient Temperatures, IEEE 36th Annual Power Electronics Specialists Conference, Recife, Brazil, June 12-16 (2005).
  • K. Yamasue and T. Hikihara, Improvement of transient response in non-contact atomic force microscopy: an application of time delayed feedback control, XXV Dynamics Days Europe 2005, Berlin, Germany, July 25-28 (2005).
  • T. Hikihara and K. Yamasue, A Numerical Study on Suspension of Molecules by Microcantilever Probe, The Fifth International Symposium on Linear Drives for Industry Applications (LDIA2005), Awaji, Hyogo, September 25-28 (2005).
  • T. Hikihara and Y. Furukawa, A Study on Switching Control of Magnetically Suspended and Carried System Based on Hybrid System Theory, The Fifth International Symposium on Linear Drives for Industry Applications (LDIA2005), Awaji, Hyogo, September 25-28 (2005).
  • Y. Susuki, H. Ebina, and T. Hikihara, Application of hybrid system theory to power system stability analysis, 2005 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications, SEC@BRUGES, Bruges, Belgium, October 18-21 (2005).
  • K. Yamasue and T. Hikihara, A Study on Vibration Characteristics of Microcantilever Probe near Period-doubling Bifurcation, 2005 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications, SEC@BRUGES, Bruges, Belgium, October 18-21 (2005).
  • K. Yamasue and T. Hikihara, Annihilation of periodic orbits in time delayed feedback controlled systems, 2005 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications, SEC@BRUGES, Bruges, Belgium, October 18-21 (2005).
  • M. Baba and T. Hikihara, A Numerical Analysis on Stability of Simplest Passive Dynamic Walking, 2005 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications, SEC@BRUGES, Bruges, Belgium, October 18-21 (2005).
  • T. Sawada and T. Hikihara, Pull-in Characteristics of Self-Synchronizing Linkage Inverter System between Distributed Power Source and Power System, 2005 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications, SEC@BRUGES, Bruges, Belgium, October 18-21 (2005).
  • T. Funaki, A. Kashyap, A. Mantooth, J. C. Balda, F. Barlow, T. Kimoto, and T. Hikihara, Characterization of SiC diodes in extremely high temperature ambient, IEEE 20th Annual Applied Power Electronics Conference And Exposition, Dallas, Texas, March 19-23, 14.1 (2006).
  • Y. Susuki and T. Hikihara, Application of hybrid system theory to power system voltage stability analysis, 9th International Workshop on Hybrid Systems: Computation and Control, Santa Barbara, USA, March 29-31 (2006).

国内研究会発表

  • 馬場正幸, 引原隆士, コンパスモデル受動歩行の位相構造に関する一考察, 電子情報通信学会 非線形問題研究会, NLP2005-28, pp.5-8, 公立はこだて未来大学, 2005年7月25日.
  • 海老名 紘明, 薄 良彦, 引原 隆士, 可到達集合に基づく電力系統の過渡ダイナミクスに関する解析, 電子情報通信学会 非線形問題研究会, NLP2005-31, pp.17-22, 公立はこだて未来大学, 2005年7月25日.
  • 木村 真之, 引原 隆士, 結合片持ち梁における空間局在モードの共存と移動について, 電子情報通信学会 非線形問題研究会, NLP2005-90, pp.27-32, 茨城大学工学部, 2005年12月16日.
  • 李 明華, 舟木 剛, 引原 隆士, 川島 崇利, Nernstの式に基づくレドックスフロー電池モデルと充放電損失特性, 電子情報通信学会, 電子通信エネルギー技術・電子部品・材料研究会, EE2005-54/CPM2005-178, pp.43-47, 機械振興会舘, 2006年1月20日.
  • 村上 勇蔵, 引原 隆士, 系のエネルギーに着目したチュックコンバータのデューティ比制御と過渡応答, 電子情報通信学会 非線形問題研究会, NLP2005-142, pp.29-34, 法政大学, 2006年3月20日.

国内学会発表

  • 李 明華, 舟木 剛, 引原 隆士, 川島 崇利, レドックスフロー電池の充放電特性に基づく動的モデルに関する一検討, システム制御情報学会 研究発表講演会, 京都テルサ, 2005年5月18日.
  • 馬場正幸, 引原隆士, 振動荷重を有するコンパスモデルの歩行ダイナミクスに関する一考察, システム制御情報学会 研究発表講演会, 京都テルサ, 2005年5月19日.
  • K. YAMASUE and T. HIKIHARA, Stabilization of microcantilever probe motion in non-contact atomic force microscopy ---Application of time delayed feedback control---, システム制御情報学会 研究発表講演会, 5B4-1, 京都テルサ, 2005年5月19日.
  • 海老名 紘明, 引原 隆士, 薄 良彦, 可到達集合に基づく電力系統の過渡安定性解析手法に関する一検討, システム制御情報学会 研究発表講演会, 京都テルサ, 2005年5月20日.
  • 舟木 剛, 中川 公人, 引原 隆士, TCR-SVC回路の周期定常状態に関する数値的検討, 電気学会 産業応用部門大会, 福井大学, 2005年8月29日.
  • 薄 良彦, 引原 隆士, H. -D. Chiang, 電気エネルギーシステムの安定問題と拘束ダイナミクス -交直連系系統を対象として-, 計測自動制御学会 第34回制御理論シンポジウム, コスモスクエア国際交流センター, 2005年10月31日.
  • 木村 真之, 引原 隆士, 散逸のない結合片持ち梁系における空間局在モードの分岐に関する数値的検討, 電気関係学会 関西支部連合大会, 京都大学, 2004年11月13日.
  • 韓 敬華, 引原 隆士, ループ型電力ネットワークにおける電力配分算出法に関する一検討, 電気関係学会 関西支部連合大会, 京都大学, 2004年11月13日.
  • 松崎 俊太郎, 舟木 剛, 引原 隆士, 高電圧領域におけるSiC-SBDの容量-電圧特性の測定法, 電気学会 全国大会, 横浜国立大学, 2006年3月15日.
  • 崎山 卓也, 植村 卓司, 越智 孝志, 薄 良彦, 引原 隆士, 海老名 紘明, 電力系統解析へのハイブリッドシステム理論の適用 (IV) -離散制御を含むモデル系統の実験的検討-, 電気学会 全国大会, 横浜国立大学, 2006年3月17日.
  • 薄 良彦, 引原 隆士, 海老名 紘明, 植村 卓司, 越智 孝志, 崎山 卓也, 電力系統解析へのハイブリッドシステム理論の適用 (V) -離散制御を含むモデル系統の数値的検討-, 電気学会 全国大会, 横浜国立大学, 2006年3月17日.
  • 冨田 達也, 山末 耕平, 引原 隆士, 圧電素子を用いたセンサの高感度化に関する数値的検討, 電子情報通信学会 2006年総合大会, 国士舘大学 世田谷キャンパス, 2006年3月.

解説記事

  • 引原 隆士, スイッチング回路の非線形ダイナミクスとその解析, 計測と制御, Vol. 44, No. 7, pp. 440-445 (2005. 7).

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-10-22 (火) 16:53:11 (1429d)